プロフィール

えふけい

Author:えふけい
経済的、時間的自由を求めていたが、本当の幸せとは何かを考え始めた。
自分が幸せになり、人も幸せにしたい!

e-mail:assault865@gmail.com(@を半角文字に置き換えてください)


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積立投資ゲーム

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin札幌」の主催者であるPETさんと『半値になっても儲かる「つみたて投資」
』の著者の星野泰平さんが共同開発した、積立投資を体験できるゲームです。
すでにゲーム会も開催されて大好評だそうです。

積立投資ゲーム特設サイト

このゲームは2~6人で遊ぶのですが、出張中なので一人で遊んでみました。
カードをランダムに引いて期間20年で基準価格がどうなるかを試してみました。

結果は以下の通り。

銘柄基準価格積立評価額
日本IT株¥6,500¥151,453
日本安定株¥10,500¥196,857
日本成長株¥9,000¥164,231
日本債券Idx¥13,000¥237,126
資源発掘¥27,500¥347,832
先進国株Idx¥7,500¥213,242
新興国成長株¥3,000¥61,528
海外債券Idx¥5,000¥122,528

※当初の基準価格は¥10,000、投資額は年¥10,000、20年間の総投資額は¥200,000です。

結構下がりましたが、大穴の資源株が暴騰!
将来にあり得そうな感じです。嫌ですが。

期間最後の基準価格で積立評価額が決まるわけではなく、期間中の変動にかなり影響されるのがわかりますね。

私の理想のアセットアロケーションで計算しますと、
日本株式:日本債券:海外株式:海外債権は1:1:1:1なので、
¥192,438
となりました。
先進国株や海外債権が下落しているわりには、損失が少ないように思います。
分散投資の威力でしょうね。

というわけで、一人でも楽しめました。
ゲームで大暴落を経験しておけば、それが現実に起こっても冷静に対応できそうな気がしますので、ゲームでたくさん経験を積みたいと思います(笑)

次は人を相手に遊びたいです!


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

スポンサーサイト

お金の教室

今回ご紹介する本は「お金の教室」




経済評論家の山崎元さんの著書です。
山崎さんと言えば、インデックス投資家の間では有名な方でして、先日行われたインデックス投資ナイトの座談会にも出演されていました。
私も参加しまして、山崎さんのサイン入りのこの本をプレゼントで頂きました。

この本は新社会人向けにお金の運用についての知識や考え方を15項目にわたり書いてあります。
内容は難しくはないですが、いつもの山崎さんのテイストで書かれていて、少し読みずらいと思う人もいるかもしれないです。
しかし、とても基本的で重要なことが書いてあるので、1回読んで理解できなくても、身に付くまで繰り返し読むことをお勧めします。

恐らく多くの人は、お金の運用についての勉強が必要だと思わないですし、必要だと思っても、教えてくれる人を見つけるのは大変だと思います。
若い人だけでなく、お金で苦労したくない人やすでに苦労している人にも、ぜひ読んで頂きたい本です。
お金をうまく運用して、人生の可能性を広げましょう!


あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

アセットアロケーション

アセットアロケーションとは資産配分のことです。
私のペーパー資産(株式や債券など)のアセアロの目標は以下です。

国内株式 25%
国内債券 25%
海外株式 25%
海外債権 25%

現在は国内株式が55%も占めています。
これは、当初は国内個別株のみで投資を始めたからです。
基本的に買い付けのみで目標に近づけたいので時間がかかりそうです。

先週のインデックス投資ナイトで為替の話題が出ました。
今後の長期の為替の変動を考えた方がよいのではないか、とのことでしたが、
将来の為替の変動は予測できるでしょうか?

株価以上に為替の予想は難しいと私は思います。
だからこそ、通貨分散が必要なのだと思います。

問題は分散比率をどうするかですね。
流通比率がいいのでしょうか?
今後も日本に住み続けるのであれば、円の比率を高めた方が良いとは思いますが、どの程度にすればよいのか?

ここでもう一つ気になるのが、
アセアロと通貨配分は別に考えないといけない気がしてきました。
例えば、株と債券は世界荷重平均の割合にしたいが、円の比率は50%にしたいとか。

これを行うには為替ヘッジが必要ですが、インデックスファンドに為替ヘッジ付はあまりないような、というか探せませんでした。
FXでヘッジするのがいいんでしょうか。
それとも、私の考え方がおかしいのでしょうかね…

まあ、私の場合は全資産のうち国内不動産が占める割合が非常に高いので、ペーパー資産は海外9割とかでも全く問題ないのかもしれませんが(笑)

ところで、ポートフォリオという言葉もありますが、アセットアロケーションとの使い分けがよくわかりません…


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

インデックス投資ナイト

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年のブログの目標ですが、
インデックス投資に関する投稿を増やしていこうと思います。
また、年間に50回の投稿をしたいと思います。

それでは、本題の方に入ります。


1月7日に第4回インデックス投資ナイトが開催されました。
年に1回のインデックス投資家達のお祭り?です。
札幌在住の私は今まで参加することはできませんでしたが、今回は本業で東京に滞在しているために参加できました!
前売りチケットは発売から4日で売り切れるという人気の高さでしたが、私は幸運にも当日券をゲットできました。

最初に2011年ファンドオブザイヤーの発表がありました。
低コストのインデックス投信が順位を上げる中、直販投信が10位以内に2本3本も入りました。
直販投信はコストが少し割高なので、私は興味がないですが人気があるようです。


第1部座談会では、「みんなで考えよう、なぜ(インデックス)投資するのか?」という題目でした。
岡本和久さん、島田知保さん、花輪陽子さん、内藤忍さんがステージに並び、ご意見をおっしゃったり、会場からの質問に答えたりしていました。
個人的に印象に残ったのは、内藤さんが自虐ネタを披露していたのと、為替についての意見でした。
為替については少し長くなりそうなので、別の記事で書きたいと思います。


第2部座談会では、「インデックスファンドvs 国内ETF vs 海外ETF」という題目でした。
カン・チュンドさん、竹川美奈子さん、山崎元さんがそれぞれの派に分かれて、メリットデメリットや今後の予想などのお話をされました。
また、第1部と同様に会場からの質問も受けていました。
海外ETFの特定口座対応について、ネット証券の広報の方から前向きに検討中との説明がありました。
詳しくはここでは書けませんが、いろいろハードルがあるようです。
私は手間がかかり過ぎるので海外ETFは使っていませんが、ネット証券が特定口座対応されたら購入してみたいと思っていますので、ネット証券さんに期待をしています。

プレゼント大会も行われ、私はもっとも遠方からの参加者として賞品を頂きました。
好きな書籍から選べたのですが、山崎さんの「お金の教室」を選びました。
山崎さんのサイン入りです!


あっという間に時間が過ぎ、惜しまれながらの閉会の後、希望者が残って交流会が行われました。
出演者の方も全員残られて、参加者の方々とざっくばらんにお話しされていました。
私はコツコツ札幌の宣伝活動をしてきました。
山崎さんはテレビ出演のために札幌に定期的に来られているそうなので、コツコツ札幌への参加をお願いしてみたところ、山崎さんも札幌の投資家の意見を聞いてみたいとのことで、近いうちに実現するかもしれないです。
こうご期待!


総評ですが、業界の著名人や多くのインデックス投資家との交流ができるすばらしいイベントだと思いました。
ぜひ今後も続けていってもらい、インデックス投資の裾野を広げて欲しいと思います。
今回はたまたま参加しましたが、次回はこのイベントのために東京遠征したいです。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。