プロフィール

えふけい

Author:えふけい
経済的、時間的自由を求めていたが、本当の幸せとは何かを考え始めた。
自分が幸せになり、人も幸せにしたい!

e-mail:assault865@gmail.com(@を半角文字に置き換えてください)


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


ビジョナリー・カンパニー

今回ご紹介する本は「ビジョナリー・カンパニー」



ビジョナリー・カンパニーとは、時の試練を乗り越えてきた真に卓越した企業のこと。
これらの企業の秘密を膨大な比較データから分析して抽出された結果が記述されている。

ビジョナリーカンパニーには偉大なカリスマ的指導者が必要ではなく、すばらしいアイデアも必要ではないという。
一言で言うと、基本理念を維持し進歩を促す仕組みを作ること。
本では「時計を作る」と表しています。

すごいテクニックや魔法があるわけではなく、やるべきことをひたすらやっていくという印象です。
経営者だけでなく中間管理職や社員も読む価値があり、実践可能な内容だと思います。
そして企業だけでなくあらゆる組織で適用できると思います。
今の職場で実践してみようと思いました。

仕事や組織に不満がある人(おそらくみんなだと思いますが)は読むべき本だと断言できます。


あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

投資信託の話題

今週は投資信託の話題がたくさんありました。

その中で一番話題になったのは、STAMシリーズの信託報酬値下げでしょう。

STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについて

CMAMやeMAXISと並ぶ信託報酬に下がるようです。
eMAXISはどう対抗するのか、STAMとCMAMは統合されるのかなど、今後も目が離せないですね。


次に話題なのは、SBI証券が投資信託の定期売却サービスの開始です。

投資信託定期売却サービス開始のお知らせ

やっと出たか、という感じです。
若い世代にはニーズはないでしょうが、年配の方には嬉しいサービスです。
毎月分配型の投信の必要性が下がりそうです。


そしてもう一つの話題は、カブドットコム証券の投信積立が500円からに引き下げられるそうです。

業界初500円以上1円単位の投信・株式積立サービス「ワンコイン積立」の開始

そこまで小さな金額でなくても良い気もしますが、自由度が上がるのは良いことだと思います。


信託報酬が下がったり、証券会社のサービスが良くなったりと良い話題が多くて嬉しいです。
個人的には、海外株式の特定口座対応を早くリリースして欲しいです。
そうなれば投資信託は海外ETFに乗り換えるつもりです。
どこのネット証券が最初に開始するか楽しみですね。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

裁判所からの特別送達

地方裁判所から特別送達が届いた。
誰かに訴えられたのかとドキドキしながら中を見てみると、債権差押命令だった。
私のアパートの入居者の債権者が、アパートの敷金を債権弁済に充てるために差し押さえる、という内容でした。
私の財産に対する差し押さえではないので、ひとまずは安心しました。

私はその入居者から敷金を受け取っていないので、この命令は意味がないと思います。
管理会社に電話で話したところ、こちらで対処します、とのことだったのでお任せすることにしました。

仮に敷金を受け取っていた場合でも、入居者が退去後にすべて清算が終わった残りを債権者に返還すればよいので、返還先が変わるだけで特に問題はなさそうです。

ただ、この入居者の退去予定はないのですが、債務弁済の行方次第では家賃滞納や退去のリスクがありそうなので注意したいと思います。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間

今回ご紹介する本は「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間」




ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長の高野登さんの著書です。

本の帯から引用

>心が暖まる
>「人との接し方」
>ホスピタリティの原点


ホスピタリティとはサービスを超えてお客様に感動を与えることだそうです。
ホテルの宣伝のような本ではありますが、
どのようにして、ホスピタリティを生み出していくのかが書かれていて、とても興味深いです。
・ビジョンを全従業員に浸透させる。
・従業員は顧客と同様に紳士淑女で対等な立場で接する。
・従業員同士でもホスピタリティを与える。
などなど。
顧客サービスだけでなく、社内教育にも役立ちそうな内容でした。


あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

 | BLOG TOP |