プロフィール

えふけい

Author:えふけい
経済的、時間的自由を求めていたが、本当の幸せとは何かを考え始めた。
自分が幸せになり、人も幸せにしたい!

e-mail:assault865@gmail.com(@を半角文字に置き換えてください)


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物が豊かな世界は天国か?地獄か? その2

前回の続きです。

欲望が簡単に手に入ることは良いことだと思うでしょうが、そううまくいかないのです。
欲望が満たされると、さらに次の欲望が湧いてきます。
欲望には際限がないのです。
どこかで欲望が満たされなくなり我慢しなければならなくなるのです。

だったら早いうちから我慢した方が良いのです。
健康を害する前に、お金が無くなる前に…

お金は稼げば手に入るので、健康であれば何とかなります。
しかし、健康は回復不能まで害してしまうと取り返しがつかないのです。

医療技術は進んでいるのに医療費が増えているのはなぜでしょうか?
人口が減少しているにもかかわらずです。

健康に対する常識が間違っているのではないでしょうか?
何を食べるべきか、何を食べないべきか、良く考えてみる必要がありそうです。

あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーサイト

物が豊かな世界は天国か?地獄か?

物が豊かな世界は天国だと思っている人が多いと思いますが、私には地獄に思えます。
なぜかというと、目先の欲望が簡単に手に入るからです。
目先の欲望というのは、長期的にみると良くない事が多いです。

例えば、美味しい物ばかり食べていると、太ったり健康を損なったりしてしまいます。
また、手元にあるお金を全部使ってしまったり、借金したりして、将来に必要なお金を貯められなかったりします。

手に入らない物であれば我慢しやすいですが、簡単に手に入る物を我慢するのはとても大変です。
なので、貧しかった時代の方が幸せだったのではないかと思ってしまいます。

欲望を完全に抑えることは難しいですが、自分にとって長期的にプラスになるのかを自問自答しつつ、暮らしていこうと思います。

あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

固定資産税

今年も固定資産税の季節がやってまいりました。
固定資産税評価額は3年に一度見直しが行われ、今年がそれに当たるようです。
土地の評価額には変化がありませんでしたが、建物の評価額は下がっておりました。

1棟目アパートは今年から新築減税が無くなりまして税額が上がりましたが、木造で3年分の減価償却分の評価額が下がったので、大きくは上がりませんでした。
木造建物の減価償却の早さを身をもって体感できますね。

また2棟目アパートは新築減税の対象外なので、かなりの税額になっておりました。

ファミマTカードでわずかなポイントをゲットしつつ支払っていこうと思います。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

リスク許容額

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)の「長期投資でリスクは縮小するか」論争はもうやめようを読んで感じたことですが、長期投資のリスクというよりは、長期投資をした結果として投資総額が多くなり、それに合わせて絶対額の変動も大きくなるのだと思います。

リスク許容度は、恐らく多くの人は割合ではなく絶対額なのではないかと思います。
リスク許容度ではなく、リスク許容額とでも言うのでしょうか。

例えば、リスクが20%だとすると、投資額が100万円の場合は最大損失額は20万ですが、投資額が5,000万円ならば最大損失額は1,000万円にもなります。

積立投資の場合は少しずつ投資総額が増えるので、リスク許容額もそれに合わせて増えて行けば良いですが、どうなんでしょうね。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則

今回ご紹介する本は「ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則」



この本には、良い組織を偉大な実績を持続できる組織に飛躍させる方法が載っている。
2となっていますが、順序的には1の前編だと著者が書いています。

・第五水準のリーダーシップ
・最初に人を選び、その後に目標を選ぶ
・厳しい現実を直視する
・針鼠の概念
・規律の文化
・促進剤としての技術
・悪循環ではなく弾み車

解説すべきことはありません。
興味のある方はぜひ読んでみてください。

私が読んだ感想は、このシリーズは哲学書であり、具体的な方法論は書いてありません。
巷では、魔法のようなテクニックを求めている人がたくさんいますが、成功者のテクニックを真似してもうまくいかないのは、これらの哲学をしっかりと理解し実践できていないからでしょう。
逆に言うと、テクニックは必要ないということになります。

これらの哲学は組織に役立つだけでなく、個人にも役立つと思います。

私は起業したいと思いながらも、そんな能力はないと諦めてきました。
しかし、この本を読んで実は起業に向いている部分がたくさんあるような気がしてきました。
起業には必要なものは特別なスキルやテキニックではなく、目標に向けて地道に努力できる能力、そして私利私欲に走らずに会社のために働く能力などではないかと思います。
もし、いまの仕事が嫌になったら、次は起業も考えてみたいと思います。


あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。