プロフィール

えふけい

Author:えふけい
経済的、時間的自由を求めていたが、本当の幸せとは何かを考え始めた。
自分が幸せになり、人も幸せにしたい!

e-mail:assault865@gmail.com(@を半角文字に置き換えてください)


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


大晦日

今年も今日で終わりです。
みなさんの今年はいかがでしたでしょうか?

私は離婚と退職という人生の大きな変化がありました。
仕事と家庭のストレスからやっと解放されました。

来年は今までの疲れをゆっくり癒したいと思います。

今年はブログをあまり書けませんでしたが、来年はたくさん書いていこうと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

生活レベル=消費レベル?

早期リタイアするなら生活レベルを下げた方が良いと言いますが、そもそも生活レベルの定義とは何でしょうか?
生活レベルの一般的な定義は、生活するために購入する物やサービスの量ではないかと思います。
購入量=消費量だと思うので、たくさん消費するほど生活レベルが高いということになると思います。

ここで前提になっているのは、消費量が多い=生活レベルが高い=充実度や幸福度が高い、だと思いますが、私の場合には当てはまりません。
私の場合は消費が多すぎると充実度が下がっていきます。

身の丈に合わない贅沢をすると落ち着かなくて楽しめません。
物が増えると場所を取られ、維持管理や処分に手間やコストがかかるので、所有欲もほとんどありません。

私にとってはむしろ低消費の方が生活レベルが高いとすら言えます(笑)
低消費の方が早期リタイアには都合が良いので、私は早期リタイアに向いていると思います。

今度からは生活レベルという言葉とは別に消費レベルという言葉を使ってみようと思います。
早期リタイアするために「消費レベル」を下げた。みたいに(笑)

早期リタイアでのお金に関しての重要な項目は以下の3つだと思います。
・早期リタイアを開始する時期
・リタイア時の資産
・リタイア後の生活費
これらに優先順位をつけて、優先順位の高い方から決めていくと自分にとってバランスの良い値になるのではないでしょうか?
私の場合は、1位が時期、2位が資産、3位が生活費ですね。
だから低消費になるわけです。

一般的には、収入に合った消費をするので、高収入になっても消費も増えてしまって資産形成にはあまりまわりません。
なので、早期リタイアするには消費レベルを落とさないと難しいと思います。
しかし、消費レベルを落としても充実度はあまり落ちないような工夫も可能だと思いますので、早期リタイアしたいと思っている人はその可能性を探ってみてはいかがでしょうか?


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

早期リタイアの準備

早期リタイアをするには事前に準備が必要です。
重要な事が二つあると思います。

一つ目はお金です。
会社を退職すると給料は貰えなくなります。
貯めておいた資産を取り崩したり、株や投資信託の配当金を得たり、不動産収入などを得たりして退職後の生活費を賄う必要があります。
早期リタイアするのにいくら必要か?とよく問われますが、その人の生活レベルにもよりますし、将来の経済状況や年金制度の変更などにも左右されるので、正確な金額は誰にもわからないです。
それで、ある程度の資産が貯まっても早期リタイアをする踏ん切りが付かない人もいると思います。
まあ、足りなくなりそうだったらバイトをしたり、生活を切り詰めたりすれば大丈夫だとは思いますけどね。

二つ目は割と見落としがちですが、自由時間を使いこなすスキルです。
サラリーマンは会社に時間を拘束されているので、時間を使うスキルが低い傾向にあると思います。
休みの日に暇を持て余してしまう人などですね。
時間を使いこなすのは思ったよりも大変なのです。
簡単に言うと、仕事以外にやりたいことがあるかどうかということだと思います。
一生続けられるような趣味や活動を持つべきだと思います。
逆にいうと、これらがないのであれば早期リタイアする必要はないですね(笑)
仕事以外にやりたいことがあるから早期リタイアする場合はうまくいくと思いますが、単に仕事が嫌だからという理由だと失敗することが多いと思います。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

早期リタイアを目指した理由

私が早期リタイアを目指した理由ですが、サラリーマンは拘束される時間が長く、自分が自由に使える時間が少なすぎて、何のために生きているかわからなくなったからです。

私にとって仕事は生活費を稼ぐ手段であって目的ではありません。
なので、目的ではない仕事に時間をたくさん取られるのが嫌になりました。

私の仕事はゲーム開発でしたので、競争が激しくてほぼ毎日残業が強いられていました。
最近ではソーシャルゲームの運営にも携わることになり、フルタイムのサービスなのでトラブル対応やメンテナンス作業が休日や深夜になることもありました。

それに私は中間管理職でしたので、クライアントや上層部と現場との板挟みに会い、非常にストレスになっていました。

このような状況でしたので、定年まで仕事を続けることは無理だと思いました。
仕事量を減らしたり、別の職種に変えることも考えましたが、日本の雇用状況では変則的な勤務体系(例えば週4日だけ働くとか)は難しく、また40歳を超えての他の職種への転職も非常に難しく断念しました。

就農も検討しましたが、農地も経験も人脈もない人間が農業を始めるのはサラリーマンよりも大変なことがわかり諦めました。

それで、給料以外で収入を得る方法を調べていたところ、金持ち父さんのキャッシュフローゲームの存在を知りました。
それをきっかけとして、不動産投資を開始して早期リタイアを目指し始めました。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

早期リタイアとは

早期リタイアとは何かということですが、会社の定年(60歳や65歳)より前にリタイア(退職)することや、公的年金の受給開始(65歳)より前にリタイアすることだと私は思います。

サラリーマンは定年まで働いて、その後は老後として年金で暮らす、というのが一般的なイメージだと思います。
なので、早期リタイアは日本ではあまり認知されておらず、私の周りで早期リタイアしている人は知りません。
また、若いうちは働くのが当たり前の風潮が強く、平日昼間にぶらぶらしていると怪しい目で見られることもあるそうです。

仕事=社会貢献だとすると、仕事をしていないと社会貢献していないと思われるのかもしれません。
しかし、すべての仕事が社会貢献になっているのかは非常に疑問です。
資本主義経済を回すために無駄な仕事がたくさんある気がするからです。

お金を稼ぐために仕事をするより、やりたいことをやる方が自分のためにも社会のためにもなるような気がします。

無駄をなくし富の偏りを減らせば、もっと短期間の労働で一生分の生活費をまかなえるようになると思います。

今でも浪費を抑えれば早期リタイアは可能です。
準備を早くすれば、より早くリタイアできます。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

早期リタイア

年末で会社を退職することになりました。
やっとこれでもう一つのストレス源から解放されることになります。

今後は使えるお金は少なくなりますが、時間をたくさん使えるようになります。
早期リタイアの日記として、ブログを毎日書いていこうと思っています。
普通の人とは違う生活になるので、興味深い内容になるのではないかと思います。

これからもよろしくお願いします。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 | BLOG TOP |