プロフィール

えふけい

Author:えふけい
経済的、時間的自由を求めていたが、本当の幸せとは何かを考え始めた。
自分が幸せになり、人も幸せにしたい!

e-mail:assault865@gmail.com(@を半角文字に置き換えてください)


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹林はるか遠く

この本は大東亜戦争(第二次世界大戦)の終戦間際、11歳の著者の擁子(ヨーコ)と16歳の姉と母が朝鮮北部の羅南からの決死の逃避行の体験記である。

アメリカの教育の副読本にも採用されていて、戦争の悲惨さと人間の生きる力強さを知ることができる。

この本を読んでいて何度涙を流したことか。
極限の状況の中で危機が迫った時、とっさの行動力によって生き延びられた著者たちはとても幸運だったのであろう。
運悪く亡くなった人はどれだけいたのだろうか。

日本が敗北して朝鮮人たちが日本人にした悪行も書かれているが、体験として書かれているだけで、朝鮮人を非難しているわけではない。
別行動だった兄を救った朝鮮人の家族のことも書かれている。
しかし、朝鮮人たちは日本に支配されていた恨みを持つのはわかるが、日本から受けた恩はすべて忘れてしまっている…、今も…

戦争は避けるべきであるが、今の日本があるのは命を懸けて戦った人たちのおかげだと思う。
彼らに感謝し、より良い日本を子孫に残さなければならない義務が我々にはある。

このような悲惨な戦争を起こさない、そして巻き込まれないためには何をすべきかを考え実行しなければならない。

北朝鮮に拉致された人々はいまだに解放されず、尖閣諸島や竹島は他国に実行支配されようとしている今の状況は平和とは言えない。
一刻も早くの対処が必要だ。

まずは憲法の改憲から始めよう。
GHQの草案で作った憲法をいまだに変えないのはおかしい。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。