プロフィール

えふけい

Author:えふけい
経済的、時間的自由を求めていたが、本当の幸せとは何かを考え始めた。
自分が幸せになり、人も幸せにしたい!

e-mail:assault865@gmail.com(@を半角文字に置き換えてください)


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破戒

今回ご紹介する本は「破戒」




島崎藤村の著書を読んだことがなかったので、代表作の「破戒」を読んでみました。

簡単にあらすじを説明すると、小学校教員である主人公の瀬川丑松は父親の戒めにより穢多(えた)の生まれであることを隠していました。
ある時、主人公の住む下宿に泊まりにきた客が穢多であることがわかり追放された事件が起こるところからストーリーが展開していきます。

学校の教科書にも出てくるぐらい有名な小説だけあって、情景の表現が生き生きとしてすばらしいです。
ストーリーも読み進めていくうちにどんどん引き込まれていきました。

この小説は部落差別について書かれているのですが、私の周りではまったく聞いたことはないです。
時間の経過とともに風化してしまっているのか、いまだに残っているが隠されているのか、私にはわかりません。
どちらにしても、部落差別は無くなって欲しいと思います。
差別されるのは嫌ですし、差別をするのも嫌です。
どのように生まれてこようとも、人は人以上でも人以下でもないはずですから。

最後に、ネタバレになるので詳しく書けませんが、結末がいまいちだと感じました。
その理由は、部落差別をどうすべきかの道筋が示されていないところです。
でも、この本は読んでおくべきだと思います。
もっと早く読めばよかったと私は後悔しました。

あなたがさらに幸せになりますように

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://networkbusiness865.blog25.fc2.com/tb.php/360-73b61c10

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。